「五行」に基づいた姓名判断の考え方と方法

当たる姓名判断占いランキング!相性や性格も細かく診断!

姓名判断ならこの無料占いサイトが1番当たる!

占い

「五行」に基づいた姓名判断の考え方と方法

姓名判断では、総格について考える前に、四格の画数に応じて「五行」の性質を調べて占うことも基本です。

陰陽五行説とは、古くに中国で生まれた考え方です。
「陰陽説」と「五行説」の2つが、その後になって姓名判断の基本的な占い方法として結びついたものです。

五行説とは「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素で成り立っています。

この5つのバランスを考えて取り入れた画数を、陰と陽、それから五行にあてはめて、さらに深く分析していきます。

それぞれの要素の関係から「相生(調和)」「比和(同質・対等)」「相剋(不調和)」について考えて、好バランスになるようにするものです。

ちょっとややこしいですが、姓名判断では「行相生相剋の考え方」というものがあります。

「木から火が生じて、火は土を生み、土から金が生じて、金から水が生まれ、水は木を成長させていく」という、自然界に当てはまりそうな考え方ですね。

これらの流れに沿ったものを相生関係といいます。

逆に「木は土を剋し、土は水を剋し、水は火を剋し、火は金を剋し、金は木を剋す」と「剋す」だらけになる反対の説もあります。

こちらの流れの沿ったものを「剋(殺)」として、この2つを相剋関係とされています。 

自然界のすべてのことには、相生関係と相剋関係の2つの関係が存在していて、バランスを上手くキープすることで成り立つのです。 

自然界との好バランスの中で、生きている人にとって、存在を示す姓名もまた然り。
相剋関係から姓名を考えることは必要だと思います。

また、五行には「音」の響きで、自然界との調和をはかる考え方もあります。

「姓」と「名」を音読みにして、五行のバランスを整える方法です。

カ行は「木」、タ行、ナ行、ラ行は「火」、ア行、ヤ行、ワ行は「土」、サ行は「金」、ハ行とマ行は「水」といった、自然界の音に対応した方法ですね。

姓名判断では「姓」と「名」の、それぞれの最初の音が、五行でいう相生関係になっていれば「吉名」としています。

ここまで、ちょっと分かりにくい説明になりましたが、姓名判断ではさまざまな意見に分かれているのも確かなのです。

姓名判断をするときに、「画数」「陰陽」「五行」のすべてを調和させるべきか、それとも「五行」だけを突起して考えるようにするかです。

それによって、姓名の音の響きも変わり、画数や文字の配列によって運勢の流れも変わるといわれているのです。

総体的に見たときの「総格」が、姓名の中心として考えられる傾向があり、どの意見をとるかで姓名判断の方向性がずいぶんと変わってくるらしいです。

すべての要素を完璧に保つ文字や、響きにすることは、とても難しくて、人によってさまざまな意見があります。
五行とは、そのうちの大切な要素であり、姓名判断をするうえで考えなくてはいけない難点だといえます。
QLOOKアクセス解析