プラス要素があると安心できる五行陰陽姓名判断について

当たる姓名判断占いランキング!相性や性格も細かく診断!

姓名判断ならこの無料占いサイトが1番当たる!

占い

プラス要素があると安心できる五行陰陽姓名判断について

一般的に、姓名判断は画数だけで考えられることが多い傾向にあります。

でも、他にもいろいろな角度から見ることも大切だといわれていて、占い師によって方法はさまざまです。

これまで、四柱推命などの東洋運命学を、いろいろと調べてきて分かったことはたくさんあります。
人の運勢は、姓名の画数だけではすべてを決められないということです。

そこで姓名の画数と、中国に古く伝わる「五行」と「陰陽」を組み合わせた「五行陰陽姓名判断」という方法が生み出されました。 

五行陰陽とは、自然界を作りあげている「木火土金水」から成り立つという考え方です。
これは、自然界におけるすべてのエネルギーとして調和して、人のの運勢に影響を与えるという観点。 

「この世界に存在するものは、陽と陰の2つの要素によって存在している」という中国から伝わった考え方になります。

つまり、世の中には光と闇、喜びや悲しみなど、何らかのかたちで相対するものが存在します。
どちらかひとつの要素だけでは、もう一方の存在を認識することができませんね。

人は自然界がもつエネルギーの中で生きています。

この陰陽が自然界の循環を担っていると考えると、人の姓名を考える姓名判断にも、大きな影響力を与えることになります。

なので姓名判断では、陰陽説の視点からみる方法をとる占い師も少なくないのです。

五行陰陽姓名判断をすれば、画数よりも、五行と陰陽を重視した占い方法になります。

画数だけでも、五行陰陽だけでも判断しにくいのですが、画数の奇数と偶数によって、陰陽について突起して考えることができます。

そこでよくいわれているのが、偶数は「陰」で奇数が「陽」になるというものです。
これは、姓名判断をするときの、吉凶を見る目安にすることができます。

つまり、姓名には「陰」と「陽」の両方が含まれている可能性が高いです。
姓名の文字の配列には、陰陽があって、光と闇、喜びや悲しみなどの、相対するものがあり、そのバランスが良くとれていれば、運勢が上がるといわれています。

大切なのは、この世に生まれたばかりの、赤ちゃんの名づけをする時です。
五行だけでなく、陰陽からみた並べ方も視野に入れておいたほうが良いという意見も多いです。

この先の人生に、大きな影響を与えることになる、姓名の「陰陽」を重視したほうが良いかもしれません。
画数だけの姓名判断でも良いですが、そこに五行と陰陽をプラスして、さらに運勢への影響力を調べておくと安心ですよね。
 
QLOOKアクセス解析