ポイントは「響き」?赤ちゃんの命名をする姓名判断の方法

当たる姓名判断占いランキング!相性や性格も細かく診断!

姓名判断ならこの無料占いサイトが1番当たる!

占い

ポイントは「響き」?赤ちゃんの命名をする姓名判断の方法

赤ちゃんが生まれる前に「姓名判断」をするのは、両親の愛情そのものですね。
その子がステキな人生を送れるように、占い師に鑑定してもらうのです。

名前は一生変わらないもの。
生まれた瞬間から、自分の存在を示す大切なものですね。

そんな大切な名前を鑑定する姓名判断。
占い師なら誰でもマスターしておかなくてはいけない占い方法です。

では、姓名判断とはどのような占いなのか徹底検証してみましょう。

誰の名前にも「姓」と「名」があります。
その文字の画数と、組み合わせによって、運勢が変わるというのが姓名判断の観点です。

赤ちゃんの名前は、先に「姓」が決まっているので、占うのは「名」のほうですね。
「姓」との組み合わせが良くないと、運勢もダウンしてしまいます。

より良い運勢にするために、さまざまな角度から占って、1番バランスの良い「名」を決めます。
さまざまな角度というのは「生年月日、陰陽、五行、八掛、九星」のことです。

これらの調和がとれている文字を選んで「名」に取り入れるのです。
文字はいくつかありますが、決め手になるのは、姓名で読み上げたときの響きです。

姓名判断では、姓名をひとつの「文章」として捉えているそうです。

分かりやすくいえば、俳句や川柳のように、きちんと季語を入れて、字余りのないように、キレイな一句に仕上げること。
思わず何度もつぶやいてしまうような、美しい響きを探すのです。

その響きが1番キレイな「名」にするのが、その子の一生の運勢を上げるポイントになります。

占い師が良いと考えた文字の中で、最も両親の心をときめかせたものが、最終的に「名」になるというわけです。

両親の想いにピッタリと合った文字が見つけるのはとても難しいこと。
決定打にかけることもあり、ピンとこない時もしばしば。

姓名判断をするときは、占い師の実力が試される大一番といえます。
いくら調和がとれているといっても、響きが気に入らなくて、結局決められないということも度々あるのです。

一生ものの名前を決めるのですから、両親も占い師も緊張しますよね。
でも、できるだけ沢山の文字を探して、選択肢に余裕があれば、すんなりと決まることも多いといいます。

緊張しながらも、穏やかな気持ちで運命の「名」を探していくのが、姓名判断の難しさでもあります。
素人ではマネできない、まったく未知の領域の占い方法だと思います。
QLOOKアクセス解析