姓名判断で大凶数がでたら改名する方法

当たる姓名判断占いランキング!相性や性格も細かく診断!

姓名判断ならこの無料占いサイトが1番当たる!

占い

姓名判断で大凶数がでたら改名する方法

もしも姓名判断をして、あまり良くない結果がでたとしたら、どうすれば良いのでしょう?
「占いなんて当たらない!」と忘れるか「こんな名前じゃなければ良かった・・・」と悩むのか。

人によって「当たった」「当たらない」の解釈が違うので、その後に結果をどう捉えて生きていくのかは分かりません。

でも、姓名判断を肯定する人は多く、結果によっては「改名」を考えることもあります。
実際に占ってみて、姓名判断でいう「大凶数」という結果がでた人も・・・。

大凶数とは、総合的に運勢が低め安定というか、なかなか上昇気流にのれない名前の画数のことです。
その画数になると、今後の運気アップに期待できないという残念な説もあります。

気にしないという人もいれば、大凶数と分かってから、ひどく落ち込んでしまう人もいます。
何かしらの悩みごとがあって、姓名判断をしようと思ったなら「大凶数だから運が悪いんだ・・・。」と考えがちですよね。

さらには「何でこんな名前つけたの!?」と両親と揉める原因にもなりかねません。

そこで、悩んでいるくらいなら「改名」をしてはどうかというテーマで話をしたいと思います。
姓名判断をした後に、あまりにも結果が良くなくて、実際に改名した人はたくさんいます。

戸籍を変えたり、公的文書に使える姓名に変えるのは、かなり大変なようですね。
本名を完全に変更することは、そう簡単ではありません。

家庭裁判所で「改名届」を提出して、いくつかの条件に合っていないと認められないのです。

でも、本名が必要なのは、市役所の届け出や銀行口座、健康保険とクレジットカードを作るときくらいです。

それ以外は、通称名を使っても大丈夫みたいですよ。

例えば、知り合いに「○○って呼んでね。」と言って、そのうち全くの他人からも、改名だと知らずにそう呼ばれるようになります。
特に本名を使う必要のない文書に使えば、自分自身の気持ちが落ち着くと思います。

要するに、日常的に呼ばれる名前を変えるだけなので、ニックネームを付けるという感覚でしょうか。
本名を名乗らなくてはいけない場面以外では、気に入った通称名で生きていく方法もあるということです。

芸能人の芸名のようなもので、改名したほうが運気が上がるという考え方です。

その場合は姓名判断で、どう変えれば大凶数から抜け出せるのかということを、事前によく聞いておく必要がありますね。
いくら改名したいからといって、勝手に変えてしまうと、運勢がどう変化したのか分からなくなります。

せっかく変えても、また凶数だといけないので、きっちりと話を聞いてから納得できる改名をしてくださいね。

QLOOKアクセス解析